大規模修繕工事について

マンション・ビルなどの大規模修繕工事についてご案内します。


大規模修繕工事とは

建物は、時間の経過とともに老朽化が進んでいきます。大規模修繕工事とは、この経年劣化の進行をできるだけ抑え、建物の居住環境を維持するために行う、建物全体に及ぶ修繕工事をいいます。
しっかりとした調査に基づく長期修繕計画を立て、10年~15年の適切な周期で実施されることが望まれます。住民の皆様の快適性、利便性、安全性を保つためにも、早くからの準備をお勧めします。


大規模修繕工事の流れ

大規模修繕工事の流れ

工事着工前

  • 最適な工事プランをご提案
    経験豊富なスタッフが調査・診断し、最適なプランをご提案します
    高度な専門教育を受け経験も豊富な弊社スタッフが、建物の細部にわたって調査や診断を行い、その結果から、最適な工事プランを提案し、適正な工事費の算出を行います。
  • 住民の皆様への説明会
    住民の皆様には、工事の日程や、施工範囲・内容、管理体制などを説明し、安全上の注意点や工事期間中のお願いなどを告知する説明会を実施します。近隣地域の皆様にも告知し、工事の安全を確保します。
    (弊社では着工前の説明会だけではなく、工事期間中も、工事連絡用の掲示板を設置し、さらに定期的に案内文書を配布することで、住民の皆様に再度、注意点やお願いなどを告知しています。)

工事着工

  • 仮設足場工事
    仮設足場工事
    現場事務所や資材置場、仮設トイレなどを設置し、現場付近の安全通路の確保にも、細心の注意を払います。
    外壁周りの作業をするための足場を設置し、落下防止や材料などの飛散防止のために外側をメッシュシート(養生ネット)で覆うなど、各種安全対策を講じます。
    また、工事期間中の防犯対策として、足場の出入口は、作業時間外は施錠し、さらに防犯用センサーライト等の設置も提案しています。
  • 各種改修工事
    外壁下地工事
    外壁下地工事(外壁表面の崩れやひび割れを補修する工事)、シーリング工事(シーリング材を充填し、隙間をなくすことで水の侵入や空気の通過を防ぐ工事)、塗装工事(建物の美観を保ち、防水機能等の点から耐久性の確保にもつながります)、防水工事(屋上やバルコニーなど)等を、施工計画書に基づき実施します。
  • 足場解体・共通仮設の撤去作業
    管理組合の皆様にも検査していただきます
    予定する各種改修工事を全て終え、足場の解体・共通仮設の撤去作業が完了するとお引き渡しとなります。
    足場の解体前に、足場がないと確認や補修ができない箇所を、管理組合の皆様にも検査していただきます。

完成引渡

  • 工事完成・引渡
    工事が完成し、足場仮設の解体・撤去作業が完了するとお引き渡しとなります。管理組合の皆様に工事内容の全てを確認していただき、竣工図書や、保証書を提出いたします。

工事完成・引渡後

  • アフターサービス
    弊社では、お客様に末永く満足していただけるよう、アフターサービスこそが重要であると考えております。
    工事保証書の他に、施工後も長期にわたってのアフター点検・報告を実施し、細やかなメンテナンスによって、お客様との信頼関係を築き、いつまでも安心してご利用頂けるよう努めています。

その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


このページの先頭へ